Smile!Smile!Smile!

2

ちょっとお知らせ

訪問ありがとうございます<(_ _)>

先日救急車で病院へ・・・と言う内容でお知らせしたことの続きになります。

りんかは巨大筋腫持ちでして、縦約28㎝、横約18㎝あります。

妊娠と同時に5㎝ほどの筋腫が見つかり、それ以来のお付き合いですwww

で、この4,5年で結構大きくなりまして痛みもちょくちょくあって薬でごまかしていました。

筋腫は悪さをしなければ大きくても支障ないんですが

りんかの場合は痛さもあるし何よりデカイ!

なのでお医者さんからは手術をっていつも言われていました。

まぁ、その放置の結果が救急車で病院へって事になってしまったんですがね( ̄▽ ̄;)

あまり長く書くのもなんですので結果から言いますと

救急車で行った病院で検査をした結果、肉腫の疑いがあると言われました。

肉腫とは、癌よりたちが悪い進行性のものです。

初期のものでも見つかれば種類によっては3年の生存率低いです。

それから大きな病院を紹介してもらい早急に行きなさいとのことなので行きました。

紹介してもらった病院でもう1回判断をしてもらうと肉腫の疑いは少ないだろうとのこと。

しかし、100%大丈夫と言う答えではありません。

手術して病理検査に出さないとはっきりしたことはわからないそうです。

肉腫の疑いがあると言われてから、はっきり言って生きた心地しませんw

今は紹介された病院で入院に向けての準備をしているところです。

すぐにでも切ってハッキリさせたいのですがやはり大病院・・・予約がいっぱい・・・

先生の判断で肉腫の可能性が低いので重篤な患者さんの手術が優先となります。

りんかの気持ちは先生に十分伝えていますのでわかってくれています。多分w

早まる可能性がなければ4月の手術になると思います。

どうしてもマイナス思考なので悪い方にしか考えられません(^^;)

でもね~チビのためには今は死ねないんですよね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

何としても生きなければいけないんです!

手術が終わって今書いてることを読み返して笑っていられれば幸いです^^

入院するまでは出来る限りブログ書きますのでよろしくお願いします♪

気晴らしにもなるんですよねこれがwww

一応お知らせまで。


女性の皆さん、婦人科検診恥ずかしいと思いますが必ず1年に1回は受けてくださいね!

先生のおっしゃることをよく聞いて放置にはしないようにw

りんかみたいに後々後悔することになりますよ~



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

いつも応援して下さってる皆様

ありがとうございます(*˘◡˘*)

スポンサーサイト
0

入院当日

訪問ありがとうございます<(_ _)>

今日は巨大子宮筋腫の手術の入院のことを書きたいと思います。

自分の記録のためでもあり、これから手術を考えていらっしゃる方、これから手術を受ける方

同じような経験をされた方、筋腫にかかわることで少しでも参考になればと思います。

手術を決断するまでの大雑把な事はこちらをどうぞ⇒

りんかの手術は子宮筋腫全摘出手術です。

筋腫と子宮を取ってしまう手術です。

手術方法は縦切り開腹手術です。

担当医からの手術についての説明済み、いろんな承諾書にサイン済み、麻酔の説明済みです。

承諾書は結構な枚数ありました。輸血の事や、傷が開いて再度手術になる可能性もあること。

まれなことでも万が一に備えての承諾書ですね。

麻酔科の先生の説明も受けましたが聞いても実際やってみないとわからんやろなって感じでした。

この麻酔科の先生、年配で結構早口でなかなか特徴のある先生でしたw

この人には麻酔してほしくないな~って思ったのが本音・・・

しかしのちにガビーンな自体が起きます。

それから、禁煙に関してはものすごく厳しい病院でした。

実は、りんかは喫煙者でして、1日10本ほど吸っていました。

手術3日ぐらい前から禁煙で大丈夫だろうと思っていたら大間違い!

手術1ヶ月より少し前ぐらいの検診の時に看護師さんから喫煙はしてないですよね~って聞かれ

いえ、してますって言うと看護師さん驚かれた様子w

喫煙者に見えなかったんでしょうねりんかが( ̄▽ ̄;)

速攻やめてねって言われました。吸ってたら手術できない事もあるからって・・・

明日からって言っても絶対ムリだから今日からスッパリやめなさいって言われてしまいました。

いやいや・・・それも無理・・・まだあまってるのあるし・・・w

これが無くなってからやめよう!

手術できなかったら困るし自分がしんどいのも困るのでキッパリやめました!

なぜ禁煙しないといけないかは、全身麻酔で自発呼吸ができない間にたんが絡んで

それを自分で出せないので苦しいらしいです。

禁煙して3週間ぐらいは禁煙してるのにたんが絡むし咳もでてしんどかったです。(風邪ではないです。)

手術数日前にはその症状もなく快適でした。

結果、禁煙していて良かったってことです!

3日前の禁煙では多分術後苦しんでいたことだと思います。

手術を受けられる方で喫煙者の方は最低でも1ヶ月前には禁煙に入ってくださいね。

もう間に合わないって方でも今からでもいいです!なるべく早く禁煙してください!

苦しむのは他の誰でもなく自分です。

りんかは今も禁煙続行中です^^ ← いつまで続くかはわかりませんw



2015年4月27日入院

入院時間は午後2時です。

それまではいつも通り、チビを送って掃除してって感じで時間が過ぎていきます。

掃除が終わって入院準備の最終チェック(この入院準備品ですが必要最低限で大丈夫ですよ!

病院から持って行くものを書いてる用紙をもらいますのでチェックしてくださいね。

意外と重宝したのが吸い口でした。退院までずっと使ってましたw

可愛いものや便利そうなものを用意しがちですが病院が言ってるものだけで十分間に合います。

それに、持って行ってもきっと使わないものが多いからです^^)

そしてしばらく入れないお風呂に入って

同じマンションに住む母親のところでお昼を食べたんですがほとんど喉を通りませんでしたw

父親曰く緊張してるんやろと( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

図星ですw

自分でもわかってはいるんですよね・・・絶対緊張してるって(^^;)

でも、少し食事をして両親と話をして、時間は迫ってくるので早々に引きあげて

服を着替え旦那に付き添われ病院へ・・・

入院手続きを済ませ5階にある婦人科病棟の受付へ名前を言うと看護師さんが来て部屋を案内される。

特に個室はお願いしてなかったので狭くてあまり綺麗じゃない部屋に通されました。

荷物を置いてすぐ色々説明がありバタバタしました。

緊張からなのかホットフラッシュなのか説明聞いてる間めちゃくちゃ暑くて汗ダラダラでした。

ベテラン看護師と新人であろう看護師がその日の担当でした。

その新人看護師に採血された時にはちょっとドキドキでしたけどねw

りんかは血管が細いうえ肉付きがいい(肉付きは意外に関係ないらしい)のでどの看護師さんもやりにくいみたいですが

新人看護師はベテラン看護師にボソボソと・・・ここでいいんですか・・・ボソボソ・・・

お~い!患者目の前に何言ってるんですか~って( ̄▽ ̄;)

針抜くときは痛かったけどそのほかは問題なしでした。

堀北真希ちゃん似の可愛らしい子でしたよ!立派な看護師さんになってくださいね^^

で、一通り終わり落ち着いて持ち物を片付けたりしてるとやっぱり部屋狭い・・・

カーテン閉めると息つまります。閉所恐怖症ではいないのですが狭いのが苦手なんです。

なので、お部屋変えてもらうことになりましたw

お部屋の移動は術後になるそうですがそれでもいいのでお願いしました。

病院ではシャワーできないと思ってお風呂入ってきましたがシャワー出来るみたいです^^

空いてる時は何回でもいいのでシャワーしてくださいねってw

そんなにシャワーは浴びないけど、今日は汗ダラダラだったのでよかった~

空いていたので早速浴びましたよ!

シャワーの前だったか後だったか麻酔の先生がいらっしゃいました。

明日、麻酔を担当する〇〇ですって。

りんかどの人もお顔は覚えてるんですけど名前は覚えてないんですwww

麻酔の先生もお若い方でした。

のちにわかりますがこの方も多分新人だったであろうお方です。

そしてベットにくつろいでテレビを見てると食事の時間です。

確かお魚メインの食事だったと思います。普通に美味しくいただきました。完食です!

この「完食」ですが、この「完食」に術後悩まされます( ̄▽ ̄;)

食後1回ぐらいは検温と血圧を測りにきたと思います。

9時に飲むようにと持ってきた下剤を飲んで0時以降は完全絶食です。

さぁ~いよいよ次の日は手術です!

手術前は眠れないとよく聞きますが、下剤を飲んで30分も経たないうちに爆睡でしたwww

もうジタバタしても仕方ない!

なんくるないさ~って感じだったのかな( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

「なんくるないさ」←沖縄弁で、なんとかなるさって意味です。

昔、DA PUMP(4人グループの時代)が好きで沖縄にはまってましたw

楽しかったな~あの頃www

おっと、話がそれましたね(^^;)

では次回は手術当日のお話をします。




にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村



1

手術当日

訪問ありがとうございます<(_ _)>

いよいよ手術当日です。



2015年4月28日

目覚めは多分6時頃だったと思います。

7時朝食ですがりんかは絶食のためありません。

緊張のためかお腹は空いてませんでした。

朝の検温血圧を終わらせ9時から点滴をすると言われました。

点滴の前に弾性ストッキング(血栓防止のための靴下)の着用をしてくださいとのこと。

点滴をしてからだと履きにくいからだそうです。

9時過ぎに点滴開始でその後に浣腸・・・

え?浣腸点滴の前にするんじゃないんですかって看護師さんに聞いたら

後ですよ、トイレまで看護師さん連れて行ってくださいねって笑顔でwww

便はそれまでに2回出ていたんですが一応浣腸やりました。

そしていよいよ浣腸スタート!5分ぐらいは我慢してからトイレ行ってくださいねと・・・

お腹に入ってる感覚あり・・・アカン!出そう!

浣腸の途中でしたが看護師さんにもう出そうですって伝えて大急ぎでトイレにGOです!

もちろん点滴も一緒にwww

看護師さん連れて行く暇なんてないです、大急ぎですから( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

浣腸エピソードその先あるんですが省略www

で、その後は手術を待つだけだったと思います。

手術は13時からです。(旦那と両親は12時過ぎには来ていたと思います。)

13時少し前には術着に着替えていました。

その間、麻酔の先生がきたり担当医がきたりしてました。

みなさん来たときに聞かれることは、よく眠れましたかって聞きます。

よく眠れたので、はい!よく眠れましたって言うと、そうですかって一応笑顔で対応してくれましたw

ほとんどの人が緊張で眠れない中、下剤飲んでから爆睡する患者も珍しいんでしょうね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

でも、手術時間が近づくにつれて緊張はピークにきてるんですよ~

13時前に担当医が最終確認に来ていたとき電話が・・・

前のオペが長引いてるから1時間ぐらい遅れるとのこと><

うっそ~ん、緊張がまた1時間延びる・・・

それからホントに1時間後に看護師さんが来てじゃあ行きましょかと。

緊張はピークもいいとこ、でもやっとか~って気持ちで移動開始。

点綴ガラガラしながらみんなでオペ室に移動。

途中、担当医が正面から遭遇、目が合う、お互いうなずく。

りんかの妄想

担当医:さ~どんな筋腫か楽しみやな~バッサリいくで~

りんか:先生、頼みますよ~

ってな感じでしょうか( ̄▽ ̄)

当時はそんな妄想してる余裕もなくオペ室に到着。

旦那と両親とはオペ室入り口までです。

笑顔でんじゃ行ってくるわって言ったような記憶です。(無言だったかもw)

その笑顔はもちろん引きつっていたことでしょう。

入ってすぐに椅子が用意してありいったんそこに座ります。

術用キャップをかぶり看護師さんがタオルケットのようなものを肩からかけてくれました。

こんな感じです ↓↓↓

smile2255.jpg

お父さん姿勢反りすぎ~w

とくに寒くはなかったんですが、そのタオルケットをかけてもらったことで何か安心した。

でも、少しすると手術を担当する方々が次々に挨拶に来る。

まるでこれからアトラクションにでも乗るのであろうかってぐらいの勢いでw

緊張はピークを越してもはやわけわからん状態。

〇〇担当の〇〇です。

もちろん覚えてるわけもなく・・・

10分ぐらい待機したであろうか、麻酔科の先生も合流していよいよ移動です。

緊張してますよねの声に、めちゃめちゃ緊張してますと答える。

ですよね、ちょっと顔がこわばってるもんねって。

もう笑顔もでない・・・

部屋に到着。

広くもなく狭くもない真ん中にベットのある部屋。

電気も確認するがテレビでよく見るような丸い大きな電気ではなかった。

ベットに横になる前に体重を測った。

そして名前の確認があって何の手術をするか自分で言わされる。

何の手術をしますかの問いかけに、子宮筋腫の手術ですと答えた瞬間

極度の緊張のためか目の前が白くかすんで気を失いそうになるw

しかし、気を失う間もないぐらいすぐにベットに横にならされる。

実にテキパキとした対応。

ベットに乗ると背中からの麻酔のため横に向きエビの形になる。

まず、担当の麻酔の先生の声で作業開始。

麻酔を入れるための麻酔をまず打ちます。チクチクっと2回か3回打たれた記憶です。

そしてなんかやってますがなかなかできない様子。

担当の麻酔の先生が誰かに聞きながらやっている、ん?この声?

もしかして麻酔の説明を受けたときの年配の早口の人か?

顔は見えないけど特徴のある人なので間違いない。

ガビーンwww

やはりあの若い麻酔担当医は新人か・・・

2回ほど同じ作業を繰り返すが出来ない・・・

そして、年配の医師に交代。しかし1回で出来ない・・・

ガビーン、ガビーン、ガビーン!!!

何やらブツブツ言いながらやっているがこっちは不安で仕方ない状態。

2回目でやっと成功。

この背中からの麻酔をするだけで20分ぐらいはかかっていたと思う。

エビの体制も疲れるけど大丈夫かなって不安の方が大きかった。

最後にこの年配の麻酔の先生が言った事は

安全に十分注意してやらせていただいたので時間がかかってしましました。

時間がかかったことを謝られて大丈夫ですからと告げられた。

しかし、りんかが思うのは

ブツブツ言いながらやってた時に耳に入った言葉が

この人のはちょっとやりづらいなってのが聞こえたので(言い方に嫌な感じはしなかったです)

多分やりづらかったので時間がかかったんだと思いますw

麻酔自体はそんなに我慢できないぐらい痛いものではないです。

ただ、チューブを差し込む針をいれるときが少し痛いだけです。

感覚で言えば背骨をゴリゴリされてる感じかな~

で、上を向いて横になって体にいくつかペタペタ貼られておでこにも何か貼られた。

そして酸素マスクを付けられる。

ゆっくり息してくださいね~と言われしてるけど変化なし。

マスクしたら寝るんだろうと思っていたけど違うのか?と心の声。

天井のライトを見ながらスーハーしてるが意識がまだある。

すると今度は大きく息してくださ~いと言われ大きく深呼吸してみる

3回ほどしただろうか・・・落ちましたwww

意識が戻ったのは、終わりましたよ~の声でした。

その声が聞こえて目を開けたのかどうかはわかりませんが、次に聞こえた声は

もう意識が戻ってますので声かけてあげてくださいねの声。

最初に聞こえたのが父の声でした。

意識は戻っているのだろうけど目を開けられない。

名前を呼ばれ、手を握ってみなさいと言われ握り返しました。

その後、父は旦那にあとはよろしくなと言って帰りました。

そして旦那が名前を呼んでたような・・・w

旦那はひたすら喋っていました。

夕日が綺麗だよ~って言葉が一番印象的で、なんで夕日なん?って

意識がもうろうとしている中でも無言で突っ込んでました。

どれぐらい喋り続けてたかは知りませんがかなりうっとおしかったですw

旦那曰く、何か喋らないといけない気がしたそうです。

面会時間も過ぎたので旦那は帰りました。

その後でだんだん意識もはっきりしてきて目も開けることができました。

痛さなんですが、それほどってゆうか全然に近いほど痛くなかったです。

背中からの麻酔が効いてたんでしょうね。

それより痛かったのがおしっこの管です。

これがもう嫌で嫌で看護師さんにも言ったんですけどみんなそうですって言われ

我慢するしかないのか~ってちょっとストレス。

数時間は違和感と痛さがありましたが慣れたのか、いつのまにかそれもなくなってました。

それからもう1つ辛かったのが体にいろんなものが付けられ寝返りが打てないせいか腰が痛かったです。

何回も腰を浮かせてしのいだのを覚えています。腰に丸めたタオルでも入れてもらえば良かったw

看護師さんは頻繁に検温血圧を測りに来てました。

術後2回目の検温の時ぐらいに熱があったので氷枕をしてもらいました。

熱がある感覚はなかったんですが氷枕してもらった瞬間冷たくてすごく気持ちよかったです。

この氷枕、退院まで活用しました。

院内は術後2日ぐらいまで冷房がきいておらず暑かったので氷枕してるだけで涼しくなります。

それ以降も同室の方が寒がりなので冷房がききだしても自室の冷房は付けることができませんでした。

そして、次の朝を迎えるんですが、この朝が来るのがなんとも待ち遠しかったんです。

痛いわけでもないんですがあまり寝むれなくて少し寝たと思ったら目が覚めて

それの繰り返しで何回か今何時ですかって看護師さんに聞きました。

明るくなってきたときにはなぜかホッとしました。

これが手術当日の様子です。

それと手術にかかった時間ですが、14時に移動開始で病室に戻ってきたのが18時半ごろでした。

大体ですが手術には3時間ほどかかったのではないかと思います。

担当医は筋腫取るの結構大変でしたと言っていました。

横隔膜がどうとかこうとか・・・はっきり覚えてません(^^;)

で、取りづらかったみたいです。

筋腫の重さは1.6キロです。

筋腫の写真一番下の方に載せときます。

見たい方はどうぞ!ただし、こういった写真を初めて見られる方は結構グロイと思います。

どういった場合でも自己責任でお願いします。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

筋腫写真を見たい方は下へゆっくりとスクロールしてください。
























































smile2254.jpg

0

術後1日目、2日目

訪問ありがとうございます<(_ _)>

一夜明けました。

夜が明けるのが本当に長く感じました。

6時頃だったと思います、検温血圧を測りにきました。

そして、ガスは出ましたかと聞かれました。

実は、術後病室で意識が戻ってからすぐにお腹がゴロゴロしていて

便意を感じたんで看護師さんに伝えたらじゃあオムツしますかと言われ「はい」と答える。

そしてオムツをされ安心してさぁって時に出たのはガスでした( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

手術終わってすぐ出るってすごくないですか?w

考えてみたら便がでるわけないすよね、何も食べてないし浣腸してるしねw

どんだけ腸元気なんだってね^^

この朝の看護師さんと会話しているときに気付いたのが声が出にくいし、しゃがれている!

術後の会話は長くしゃべることがなかったし、うなずく程度だったので気づきませんでした。

声の出にくい理由は、全身麻酔の時に口の中へ入れた管のせいだそうです。

喉の違和感はあるけど痛さはありませんでした。

のど飴を用意していってましたが使いませんでした。

熱は確かもう下がっていたと思います。熱でしんどかった記憶はありません。

7時朝食、運ばれてきますが食欲はありません。

少しでも食べてくださいね、食べないと点滴とれないからねと・・・

そうなんです、酸素マスクと胸に張っていたものは夜のうちに取れていたんです。

朝食前には足にしていた血栓防止の器具も外されていました。

あと残っているのはおしっこの管と手の甲に刺してる点滴と背中の麻酔です。

この手の甲の点滴ね、刺すとき結構痛かったw今でも跡残ってます(^^;)

そんでもって浣腸のあとトイレ行った時、チューブのつなぎ目はずれて液もれたしw

もー浣腸後のトイレではいろんな意味で大変でしたよ!

部屋に帰って看護師さんに言って消毒してちゃんとはずれないようにしてもらいました。

その時横にいた新人?看護師さんにちゃんと確認するようにって言ってましたけど

その点滴したのは新人看護師じゃなくて違う人でした。

当時はりんかも緊張してるし浣腸後のハプニングで半分頭パニクッてるし違いますよって言ってあげられなかった・・・

でもその子は「はい、はい」って聞いてた。 ごめんね。

話戻って朝食ですが、おかゆにおかずが2品だったかな?あとお味噌汁です。

このおかゆハンパなく多い!容器にあふれるほど入ってるw

なんせ食欲がないんです。結局口に入れたのはおかゆスプーンに1杯ぐらいとみそ汁1口です。

この食欲ないのは術後のせいなのかそれとも・・・

それともの続きはね、手術当日、りんかの隣のベットに帝王切開後の人がいて

朝食を結構モリモリ食べてたと思うのね、器の下ろした音や牛乳パックのシュポっていう音

りんかも帝王切開の後のご飯めちゃ美味しかったの覚えてるしw

んでそこまではいいんやけどその後30分ぐらいしてだったかな・・・

その人便意を催した様子で看護師さんに訴えてたんですが

なぜかもう少し我慢できる?ってその人に聞いてた。

りんかは隣で何ですぐ用意してあげないんだろうと疑問でした。

それからまた10分ぐらいしてだろうかナースコールで呼んでた。

もちろんトイレしたいと要求!

でも来た看護師が言った言葉は9時になったら交代だからもう少し待てる?でした。

えーーー!自分の都合で待たせるの?そして漏らさないかとこっちがヒヤヒヤしてました。

そして最終的には容器を持ってきて出来たようです。

挙句の果て容器がちゃんとはまっていなかったのか漏れた様子・・・

交代で来た看護師さんが汚れちゃったから着替えようねって言っていた。

そんなやりとりを聞いてるから、りんかもトイレしたくなって我慢させられたらと思って食欲が出なかったのかもしれない。

でもね、りんかは術後便意を催した際オムツしてるから漏らす心配はなかったんだけどねw

担当する看護師さんで自分の入院生活ってまったく別のものになるね。

これはその時の運だと思います。

話だいぶそれましたね(^^;)

で、食事も食べられずでした。もちろん点滴も外せません。

それから歩きましょうかと看護師さんが来て歩いてみる。

歩きたくてしょうがなかったりんかは結構機敏に動いたw

看護師さん「おーっ」て言ってたような( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

痛みはほとんどなく以外に動ける!

トイレまで行けたらおしっこの管抜けるからねの言葉に

おっしゃー!頑張って歩くでー!と心で叫ぶw

難なく歩けた。長い間寝ていたので一瞬フワッとするけど大丈夫でした。

おしっこの管が抜ける。抜くときは少し気持ち悪い感じだけど痛くない。

それから9時頃だったかな、体をふいてもらってお着替えです。

ごしごしふいてくれたから気持ちよかったな~

その後は検温血圧以外もう自由時間です。

点滴ガラガラしながら歩く練習ですよ~

で確かこの日の午後お部屋の移動をしたと思います。

その移動の際看護師さんがお守りを枕の下から見つけました。

これ、母からもらっていたお守り、手術室には持って行くことができず

看護師さんが、じゃあ枕の下に入れとくねって病室のベットの枕の下に入れてたんです。

このお守りの効き目もあったから無事に手術を終えられたとも思います^^

変わったお部屋は前室より綺麗で少し広い!そして明るい!

変わってよかった~♪

4人部屋は変わりないんですがその部屋にはりんかを入れて3人です。

おばちゃま2人です。カーテンが閉まっていたので挨拶はなしで入室しました。

その後お会いすることがあったのでかるく挨拶はしました。

この先何日かご一緒するおばちゃま2人、どちらもとてもユニークなお方でした^^

でまぁ食欲以外は少し痛さがあるものの健康そのものって感じです(。-∀-) ニヒ♪

面会時間には同じ時間ではないですが旦那と父が毎日来てくれました。

妹もお見舞いにいくねって言っていましたがりんかの術前から体調が悪く来れませんでした。

とバタバタな1日が終わろうとしていますが、この日の食事はほとんど食べられませんでした。

おかゆだと食べにくいかなって事でご飯に変更してもらうことになった。

ちゃんと食べないと点滴取れないよ~と・・・わかっちゃいるけど・・・ねw

術後2日目

眠れたか眠れなかったか・・・覚えてない( ̄▽ ̄;)

とにかくいつもと同じ1日がはじまる。

食欲は相変わらずない。でも前日よりかはマシ。

食欲ない割にはご飯を口に運ぶと意外と食べられる!前日より美味しく感じた。

ご飯は普通盛りですwなんとか完食できた。

点滴はずれました!

残るは背中からの麻酔だけ!

担当医がくる。

術後の傷と残ってる麻酔の量を見る。

痛さもあまりないので麻酔を使う回数が少ない。

担当医に痛さはあまりないことを伝えると今日麻酔外せるよと・・・

後でまたくるからって言っていたが夜になっても来ませんでしたwwwww

看護師さん曰く背中の麻酔は全部使ってから抜くのだそうだ。

やはり細かいことは看護師さんの方が詳しいのであろうか。

麻酔はポシェットみたいに斜め掛けにした袋の中に入っている。

その袋の中に注射器みたいなプラスティックの容器が入っていて

少し硬いが注射器を使うようにグーッと押すと麻酔液が入る仕組みだ。

肩からスーッと冷たい液が入っていくのがわかる。

これがなくならないと麻酔が取れないなら使うべし!

少し痛くなり始めたら押す!それの繰り返しw

しかし2日目も麻酔はなくなりませんでした。

食欲はあまりないけど何とか食べられる感じだったかな。

完食は朝の1回だけでした。

この日もちゃんと歩きましたよ~

点滴もはずれたし快適快適~

手術して2日目でこんなに快適でいいのってくらいです^^

2日目はこんなかんじで過ぎていきました。

さて、3日目ですが・・・

軽い地獄がまっています( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村


0

術後3日目、4日目

訪問ありがとうございます<(_ _)>

術後3日目です。

目覚めはだいたい5時頃です。

トイレに行きたくて目が覚めます。点滴してる時は2時間おきぐらいでした。

点滴が外れて2時間おきに行くことはなくなりましたが

自分で行くようになってから出るまでに時間がかかるんです。

出たいんですがなかなか出てこない・・・出方もチョロチョロです。

だいたい出し切るまでに10分ぐらいは座ってると思います。

1回出てまだ残尿感があるので座ってると何分かして出ます。痛みはありません。

便の時は、確かこの日に術後初めて出たと思いますが普通にでます。

でも、排便前はお腹がギュッと痛くなります。結構な痛さでした。

あとガスの時もお腹ゴロゴロいって痛くなりました。今はマシですが少し痛いです。

徐々に改善されていくみたいです。

食事は完食はまだ出来ませんがほとんど食べられるとこまできました。

背中からの麻酔で痛さはほとんどないので動くこともそれほど苦ではないです。

もちろん、お腹を切ってるわけですからササッと動けるわけではありませんw

それから気になるのが早くシャワーしたい!ってことです。

でも背中の麻酔が取れないとシャワー出来ない・・・

早くなくなれ~と痛くなったら押すを続けてきました。

早く頭洗いたい~シャンプーつけてゴシゴシ洗いたい~って気持ちでした^^

その押し続けたかいあってか昼過ぎぐらいになくなったんです。

あ、痛くなってきた、押さないとって思って押そうと思うと器具の押すところが下がったままだ

これはきっと麻酔がなくなったんだろうなと思ったので検温に来たときに看護師さんに伝えると

やはり麻酔がなくなってるみたいで、後で先生に取ってもらいますねと。ヤッター!

これで体に付いてるものはなくなるしシャワー出来る~♪

喜んだのはここまでです・・・w

確かこの日ぐらいから病院内の冷房がききだしたと思います。

院内にずっといる人は特に暑いとは感じないのですがお見舞いに来る人はみんな暑いと言っていました。

部屋には寒がりな人がいたので部屋の冷房は使えません。

父は家から小さい扇風機持参してました。

ブーーンって結構音うるさいんですwww

父はいつも面会時間開始の15時ごろに来ます。

その前ぐらいから麻酔がきれてきたのか痛さが出てきていました。

背中の麻酔があるときは自分で押さなくても少しずつ入っているみたいなので痛さも抑えられていたようです。

それがまったく麻酔がなくなってるってことはもろに痛さを感じるって事です。

父が来て少しして麻酔の先生がいらっしゃいました。

麻酔抜きますね~少しニュルって感じで気持ち悪いかもしれませんがと言われました。

その通り!ニュルって感じで気持ち悪かったですw痛さはありません。

いらっしゃった麻酔の先生は手術の時に担当してくれた先生ではありませんでした。

手術の日以来お目にかかっていないような気がします。

もしかしたら術後に来てくれたのかもしれませんが記憶に残ってない・・・

まぁゴールデンウィークだったのでお休みだったのかもしれないですね。

で、身軽になったわけですが・・・

父は面会に来たらだいたい1時間いてくれます。

その日は麻酔がきれて痛くなりだしてるので1時間が長く感じましたw

父が帰って少しして妹から電話がきました。

いつもなら部屋にいても、すぐかけなおすはぐらいは喋るんですが

その時は何も言わずすぐ切りました。

喋る元気もなくただ痛さに耐える人でした(^^;)

電話できないからメールで「今痛いからよくなったらかけなおす」って送ったと思います。

のちに妹からその時のことを聞くとよっぽど痛かったんやなって思ったそうですw

痛さは時間とともに増してきて薬をもらはないとちょっと辛いかなってとこまできたので

看護師さんに痛み止めをもらいました。もらった薬はロキソニンです。

りんか、実はロキソニンは効かないんです・・・

とりあえずロキソニン飲んでみる。でもやっぱりあまり効きません。

次薬が飲めるのは4時間後です。

痛くなってきたので看護師さんに伝える。時間は23時を過ぎていたと思う。

ロキソニンは効かないことも伝えたが今は先生がいないからこれしか渡せないと・・・

仕方なく飲むがやっぱり効かない・・・

眠れないので気晴らしに談話室に行ってもいいかと聞くと、「いいですよ、一人で大丈夫ですか?」

と優しい言葉をかけてもらいました。とても嬉しかったです。

談話室まで一緒に来てくれて電気を付けてもらって何かあったらここ押してくださいねと。

そして一人になる。漫画を手に取るけど読む気になれない・・・

何をする気もない、ただ痛いだけ・・・

30分ぐらい居たであろうか、部屋に戻る。

痛さはあるものの少しマシになってきた「気」がしたがまだ眠れない。

ベット上に付いている時計の時間を見る。深夜1時だった。

その後いつの間にか眠っていました。

快適だった術後2日目に比べ軽い地獄を味わった術後3日目でした。

食事はやっと食べられるようになったって思ったんですがまた振り出しです(^^;)

術後4日目

とりあえずトイレで目が覚める。

このチョロチョロどうにかならんかな~と思いながら座ってるw

朝食が運ばれてくる。

痛さで食欲もない。1/3ぐらい食べたであろうか。

この日も食事はほとんど食べられなかったように記憶しています。

食事が運ばれてくるのが苦痛で、食べるときもため息をつきながら遠くを眺めながら食べていましたw

看護師さんが朝パンにしてみるって言ってくれたんですが(朝食はパンに変えることもできます)

ご飯の方が良かったのでご飯でそのままいきました。

術後食事が始まってからですが、検温のときに必ず聞かれるのがどれぐらい食べましたかです。

モリモリ食べてる人は多分聞かれてないと思います。

早く完食しました!って言いたかったな~

痛さはまだあります、薬を飲まなければ辛いです。

昨夜はロキソニンでしたが今回はどうだろうと見てみるとボルタレンだ!

これ、何も言わずにボルタレンだったのか、りんかが言って先生の確認があってのボルタレンだったのか記憶があいまいです。

飲むとロキソニンより効いた!良かった~

今日からシャワー解禁なので時間が来たら名前書いてシャワーした!

待ちに待ったシャワー、傷は痛くないから泡でゴシゴシ洗ってくれとの事、そんなんムリ!

だって痛そうやん・・・

でも、洗えというから怖々洗いました。・・・痛くない!そう、痛くないんです。

凄いね~人間の回復力には驚かされます。

髪の毛もベリーショートながらも4日もお風呂入らなければ汚れますw

シャンプーつけてゴシゴシ洗いました^^

で、このシャワーの時初めて自分のお腹の傷を見る。

おへその右横から少しカーブしておへそ下から下へ15㎝ぐらいかな~

割れ目より2~3㎝ぐらい上のとこぐらいまでねw

まだテープが線路状に張られてる状態だけど結構生々しい(^^;)

帝王切開でもともとおへそ下5㎝ぐらいからの傷はあったけどね。

その傷跡、ケロイドみたいになっていて結構汚かったのよね~

今回はその傷を取ってからの開腹で、傷は大きくなったものの傷跡は綺麗になってます。

気持ちよかったシャワーが出来てすこし気分もリフレッシュ!

でもやっぱり痛いのはまだ継続。

痛み止めをもらうがまたロキソニンになってる・・・

あれ、前ボルタレンだったんですけどって伝えたけど今これしか出せないとか言ってたような・・・

何でだったかは思い出せません。

仕方ないから飲んだけど、あまり効かなかったと思います。

まぁ、同じ看護師さんに見てもらうわけじゃないから仕方ないのかもしれませんが

誰が見てもわかるように患者の薬がどうなってるのかは何かに記載しといて欲しいですよね。

素人が考えても記載することは当たり前だと思うのですがね・・・(^^;)

まぁでも、薬を飲むのは1日2回ぐらいだったと思います。

痛いと言ってもやはり日にち薬です。前日よりはよくなっていきます。

りんかは痛さを我慢することに結構慣れていて、限界が来るまでは我慢するタイプです。

看護師さんにもよく言われましたが痛さは我慢せずに薬飲んでくださいねと言われました。

筋腫の痛さ2時間我慢したぐらいですからねwwwww

この痛さハンパないですよ~

たとえるなら生理痛の10倍ぐらいでしょうか・・・いや・・・もっとかな・・・

のたうち回るの表現が合ってます。

実際はのたうち回るわけではないですがそれに近かったです。

さすっても向きを変えても何をしても痛さが和らがないんです。

もちろんピークの痛さがずっと続くわけではありませんがホッと一息はできません。

なにかしらずっと痛い感じです。

とまぁこんな感じで痛さはある程度我慢できるんです( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

りんかがホントに辛いと感じたのは手術当日の身動き取れなかったときと

麻酔を抜いた1日目でした。

辛いと感じるのはもちろん個人差があると思います。

でもず~と辛かったって人はいないと思いますので大丈夫です^^

さぁ~退院の日も近づいてきてますよ!



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村





このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。